子どもの頃の読書活動の効果に関する調査研究

独立行政法人 国立青少年教育振興機構の令和3年度の調査研究によると

「子どもの頃の読書量が多い人は、意識・非認知能力と認知機能が高い傾向がある。」

との研究発表が有りました。

新聞は見出しを読むだけなら毎日15分で読めます。

時間が有り方は、リード、本文と読んでいくことにより、より深く内容を知ることが出来ます。

毎日新聞を読むことで、読書の習慣ができて、意識・非認知能力と認知機能を高めて行くことが可能です。

 

※引用ページ
独立行政法人 国立青少年教育振興機構
https://www.niye.go.jp/research/summary/r3/dokusyo.html

前の記事

特別販売のお知らせ